3億円の資金調達を実施しました

イークラウドは、第三者割当増資による約3億円の資金調達を実施しました。引受先は株式会社ジェネシア・ベンチャーズが運営するGenesia Venture Fund2号(以下、GV-2)、株式会社セレスです。これにより、資金調達総額は累計で約7億円となりました。

「応援投資型クラウドファンディング」とは

イークラウドでは、世の中の様々な課題を解決するベンチャー企業を応援し、成長を加速させる「応援投資」というコンセプトのもと、個人投資家が非上場のベンチャー企業に少額から出資できる仕組みを提供しています。

これまで、サービスをリリースしてから約1年で8案件の目標募集額を達成し、1,000名以上の個人投資家にベンチャー企業を応援していただくことができました。個人投資家は、初期の株主としてベンチャー企業の成長過程を距離感近く応援できることから、従来の上場会社への投資とは異なる性質の投資価値を体感していただいております。6割を超える投資家が、イークラウドにおける投資の目的は「中長期でベンチャー企業の成長を応援できる点」と回答しています。

イークラウドはこれまで、調達ご支援先のベンチャー企業のSR(Shareholder Relations)のサポートに注力してまいりました。

ベンチャー企業がアクティブにSRを行うことは、定期的な数字上の振り返り、これからの成長ストーリーを投資家に明示することで、企業価値の向上につながります。個人投資家とベンチャーとの距離が近づき、「投資家」の枠を超えて企業の「応援団」になることで、投資先企業にポジティブな効果をもたらすことができると、イークラウドは考えます。

合計8件の応援投資を支援、株主とのコラボ事例も発生
これまでの案件では、投資家がサービスの利用者やアンバサダーに転換するようなマーケティング効果に加え、株主とのコラボレーション事例も実際に発生しています。

今後は応援投資型クラウドファンディングの世界観を広げていくため、採用を強化し、個人投資家向けの投資体験や応援先企業と株主の関係性を発展させる機能等についても積極的に取り組んでまいります。

 

▼資金調達概要

  • 調達金額:約3億円
  • 調達方法:第三者割当増資
  • 引受先   :Genesia Venture Fund 2号、株式会社セレス
  • 既存株主:XTech株式会社、Fintertech株式会社(株主構成:株式会社大和証券グループ本社 80%、株式会社クレディセゾン 20%)
  • 資金用途:採用・組織体制の強化

▼本件に関するプレスリリースはこちら
株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」、3億円の資金調達を実施

▼株式投資型クラウドファンディング「イークラウド」のサービスサイトはこちら
https://ecrowd.co.jp/

▼本件に関するお問い合わせはこちら
pr@ecrowd.co.jp

前の投稿
「FIND CAREERS」に掲載されました
メニュー